ピンボール 危険な刑事

コースコード:HSA1D

リモートワーク時代の現場力を上げる合意形成と対話醸成ファシリテーション講座(1日間)

最新の開催情報

受講料
44,000円 40,000円
講習日数
1日間

コース概要

リモートワーク時代において、オンラインファシリテーターとして質の高い合意形成に到達できる会議を実践するために、ファシリテーション基本スキルやチーム形成基本スキルをファシリテーションフローに基づいた演習を通じて学習します。

開催形式
遠隔ライブ研修
研修サービス
テキスト

前提知識

以下のすべての条件を満たしている方
  • 本研修は、事前学習を前提とした、演習中心の内容となっております。事前課題の動画の視聴が必須です。動画のアクセス先は受講案内に掲載します。

到達目標

  • リモートワーク時代により求められる、対話型のファシリテーションができる。
  • 質問と振り返りのプロセスを重視した進行による会議を体験し、短い時間で信頼関係を築くコミュニケーションができる。
  • チーム学習促進を促進し、ダイアローグを生成する介入を学ぶことで、新しいマネジメントスキルを獲得できる。

講師からのメッセージ

リモートワーク中心の業務ではコミュニケーション機会が激減し、さらに、その質も担保されにくい状況が生まれやすくなります。この講座は、オンラインの会議を活用し、チーム活動を円滑におこなうために役立ちます。
「現場力を上げる会議ファシリテーション1日コース」にオンライン会議の要素を入れたコースです。
チームメンバーの信頼関係構築に重点に置きながら、質の高いコミュニケーションを実現する「場づくり」ができるファシリテーションを学んで頂きます。

具体的なスキルとして、以下の3つを獲得することができます。

・リモートワーク時代により求められる、対話型ファシリテーションスキルを獲得する
・質問と振り返りのプロセスを重視した進行による会議を体験し、短い時間で信頼関係を築くコミュニケーションスキルを獲得する
・チーム学習促進を促進し、ダイアローグを生成する介入を学ぶことで、新しいマネジメントスキルを獲得する

研修コースマップ

ファシリテーション

コース内容

1日目
AM
1.講座の目的と構成
・リモートワーク時代だからこそ、会議ファシリテーションが重要なわけ
・チームづくりには、会議が重要になる
・グループワーク:自己紹介、オンラインファシリテーションについて
・会議という場に潜む共通の想い:リモート環境は想いをより促進する
・チームを活性化するファシリテーションの2つの方向性
・会議力は組織力
・実践力をつける学び方
2.ファシリテーションとは?
・ファシリテーションについて:一般理解
・ファシリテーターの基本的責任
・オンライン・ファシリテーションの特徴
3.合意形成ファシリテーション基本スキル
・リスニングと観察
・反復と要約
・記録
・議論をかみ合わせるための介入
4.会議ファシリテーション
・会議ファシリテーターの責任
・会議プロセス
・ファシリテーション フロー
・目的別会議のプロセス設計
・会議演習1 ファシリテーションフローとスキル活用
5.コンセンサスのための話し合い技術
・コンセンサスの意味
・チームのダイアローグを推進する介入
6.合意形成のためのファシリテーション技法
・意思決定のプロセスと技法
・意思決定プロセスの構造
・グループの意思決定の方法
・会議演習2 話し合いでコンセンサスを構築する(合意形成)
7.オンラインファシリテーションの特徴
・オンライン会議の環境整備
・オンライン環境でのマインドセット
・オンラインファシリテーション・スキル
PM
8.対話型ファシリテーション基本スキル(チーム学習促進)
・チーム学習とは
・チーム学習を促進するファシリテーションのイメージ
9.問題解決プロセスと技法
・問題解決会議のポイント
・ファシリテーターに求められていることは?
10.オンライン会議のファシリテーションの統合フォーマット
・ファシリテーターの視点② 学習サイクルを回す
・ファシリテーターの視点③ 問題解決の在り方
・質問会議をやってみよう
・質問会議の基本ルールとチーム規範
・質問会議の流れ
・会議実習1 質問会議1(問題の明確化)
・質問会議の効用
・質問の効果
・リフレクション(振り返り)の効用
・再定義の意味
・ファシリテータの視点④ システム的問題のとらえ方
・ファシリテータがおこなうこと
・会議実習2 質問会議2(問題解決のプロセス)

留意事項・備考

■本コースは、2021年12月開催からPDU対象コース(7PDU)(カテゴリーA)(サブカテゴリー:戦略/ビジネス 1PDU、リーダーシップ 6PDU)です。カテゴリーAのPDUを申請する時にサブカテゴリーを申告する必要があります。
※本コース受講は、PMP(R)受験資格とはなりませんのでご注意ください。

■弊社では、皆様の受講履歴を3年間に限り保管していますので、発行できる修了証書は過去3年間の開催コースに限ります。

■遠隔ライブ受講について■

◎事前準備
◆遠隔ツール :Zoom
 Zoomに関する準備手順は、Zoom受講マニュアルよりご確認ください。

◆教材 :電子教材
 研修開始14日前以降に送付いたします。
 
 ※可能な限り、各自で事前に印刷いただいて研修にご参加されることをお薦めします。

◆グループワーク:あり
 ご受講時は、常時カメラで顔を映すようお願いいたします。
 なお、ご受講中のお電話はご遠慮ください。
 
◆その他注意事項:
 本研修の内容に関するお問い合わせはメール( human@educ.jp.nec.com )で
 お願いいたします。在宅勤務のためお電話では承れない可能性があります。

開催スケジュール詳細・お申込

「カートに追加」欄の追加をクリックすると、web申込が可能です。
申込期限およびキャンセル期限は、各締切日の16:30です。 

◎・・・6名様以上、空いております。
○・・・1~5名様の空きがございます。
△・・・キャンセル待ちとなります。(ただし、備考欄に注記がある場合はキャンセル待ちではありませんので、注記をご参照ください)
空席状況は定期的に更新しています。◎○でも、既に満席の場合はご了承下さい。詳細な空席状況は研修申込センターにお問い合せください。

地区 開催番号 会場名 開始日~
終了日
日数 講習時間 申込締切日 空席
状況
備考 カートに
追加
キャンセル締切日
遠隔ライブ HSA1D701K 遠隔ライブ研修 2023/12/14~
2023/12/14
1日間 09:00~
17:00
2023/12/01
2023/12/01
HSA1D702K 遠隔ライブ研修 2024/02/07~
2024/02/07
1日間 09:00~
17:00
2024/01/25
2024/01/25