ピンボール 危険な刑事

コースコード:HSA32

(半日研修)リスク管理・内部統制研修~基本と現場での効果的な展開(1400430)(1日間)

最新の開催情報

受講料
22,000円 20,000円
講習日数
1日間

コース概要

「守り」のマネジメントの重要な要素である、リスク管理と内部統制について、その基本と現場での展開の仕方を学習します。

開催形式
集合研修

前提知識

特に問いません。

到達目標

  • リスク管理と内部統制の重要性と、要点要所を理解した行動ができる。
  • コンプライアンスを順守する、不祥事を防ぐためのポイントを理解した対策が検討できる。
  • リスク管理と内部統制の現場での展開方法のポイントや注意点を理解した計画を立てることができる。

対象者

管理職として内部統制やコンプライアンスに関するリスクを適切に管理し、不祥事を防止したいと考えている方

研修コースマップ

経営・企画力

コース内容

1日目
AM
1. はじめに
・【ワーク】本研修への参加を決めた動機を書き出す
2.不祥事は何故起きる?~簡単な事例で頭の体操
・【ワーク】不祥事が起きる理由を考える
3.内部統制システムを巡る20年~不祥事は絶えないが実情
・2000年12月閣議決定が出発点
・にもかかわらず不祥事は絶えない
4.リスク管理・内部統制システムの定義と諸側面
・内部統制システムの定義 ~幅広い、リスク管理とは互換的
・内部統制システムの構築メリットは大
5.リスク管理・内部統制システムの要点要所(基本枠組みの確認)
・内部統制システムに求められる視点
・【ワーク】自社の内部統制の取り組みやトップの行動、自身の行動を考える
・危機(""結果"")の分類からリスク対策をあぶり出す
・【ワーク】役職員意識調査は実施・活用されているか振り返る
・リスク軽減策の策定には""PDCA""ではなく""OMS""を用いる
・【ワーク】分析・管理ツールを洗い出す
・コンプライアンス ~法的要請ではなく社会的要請と捉えることが重要
・【ワーク】法律違反の境目を考える
・個人犯罪系リスクの予防には""不正のトライアングル""を活用する
・【ワーク】問題の解決策を""社会的要請""を用いて考える
・【ワーク】不正防止のための決意表明を考える
・内部統制システムに品質を作り込む
6.危機管理の鉄則 ~不幸にして危機に直面したら
  
PM
午前開催と午後開催があります。どちらも同じ内容です。
お申込みされる日程の講習時間をご確認ください。

留意事項・備考

本コースは株式会社インソースとの提携コースであり、コース実施のためのお客様の個人情報を提携会社に提供させていただきます。

開催スケジュール詳細・お申込

「カートに追加」欄の追加をクリックすると、web申込が可能です。
 申込期限およびキャンセル期限は、各締切日の16:30です。

◎・・・6名様以上、空いております。
○・・・1~5名様の空きがございます。
△・・・キャンセル待ちとなります。(ただし、備考欄に注記がある場合はキャンセル待ちではありませんので、注記をご参照ください)
空席状況は定期的に更新しています。◎○でも、既に満席の場合はご了承下さい。詳細な空席状況は研修申込センターにお問い合せください。

地区 開催番号 会場名 開始日~
終了日
日数 講習時間 申込締切日 空席
状況
備考 カートに
追加
キャンセル締切日
東京 HSA32701A インソース 東京セミナールーム 2023/12/08~
2023/12/08
1日間 14:00~
17:00
2023/11/30 ※注
2023/11/30