ピンボール 危険な刑事

コースコード:HSB32

対話力強化-ダイアローグワークス(2日間)

最新の開催情報

受講料
71,500円 65,000円
講習日数
2日間

コース概要

優れた業績や結果を出す人々に共通して見られる行動や思考のパターンから科学的に解き明かされたダイアローグを学習します。どんな状況でも自由に話し合い、意見や立場の違いを乗り越えて協働を進めるためのコミュニケーション手法を理解します。

開催形式
遠隔ライブ研修
研修サービス
テキスト

前提知識

特に問いません。

到達目標

  • ダイアローグを始めるための4つの原則と、続けるための4つの原則を通して、難しいダイアローグに関わる認知のしくみやコミュニケーションの方法を説明できる。
  • 人間関係と相互の敬意を強めながら難しいメッセージを伝え、期待する行動を促進する考え方とスキルを把握できる。
  • 困難な条件下で協働やパフォーマンスを最適化するために、ダイアローグの原則が活用できる。

講師からのメッセージ

意見の食い違いや、決定事項の不履行など、周囲の人々が期待している行動が実行されていない時ほど、組織の能力の真価が問われます。優れた組織は、そのような課題に「すぐ」に「その場」で「当事者」が対処する能力を持っています。
ダイアローグワークス・コースは、自分と違う考えや異文化の人と相互に理解し合い、協働を進めてバイタリティ溢れる組織をつくるお手伝いをします。

研修コースマップ

対話・プレゼンテーション

コース内容

1日目
AM
PM
1.無意識の思いを意識する
 自覚していないものはコントロールできない
 ダイアローグの結果を支配する見えない力
2.実践して学びを深める
 難しい会話のフレームワークを知る
 会話の中で素早く対処すべき問題
3.準備する
 ダイアローグの妨げとなる思い込みをチェックする
 効果的なオープニング
4.互いを映す
 インタラクション・スタイルに注意が必要な脳科学的理由
2日目
AM
PM
5.考えは保留する
 認知のプロセスの盲点
 認知のプロセスを踏まえて、自分の考えと向き合う
6.意図が伝わる様に話す
 対立や感情的な反発のリスクを最小限に押さえつつメッセージを伝える
7.理解するために質問する
 警戒心や反発を招かずに、相手を会話に巻き込んで本心を聞き出す問いかけ
8.100%で聞く
 相手を理解し、相手から学ぶための聞き方とは
 共感を伝えて安心させる
演習課題
 スキル演習例
 ・適切なオープニングのセンテンスを用意する
 ・対話の目的を正しく設定する
 ・相手のネガティブな感情やリアクションに対処する
 ・何をどのような順序で話すのかをコントロールする
 総合的な演習1 仮想シナリオを用いたロールプレイのシナリオテーマ例
  重要な約束を、自分の知らないところで反故にした相手と対話して建設的な方向性に合意する。
 総合的な演習2 「もっと上手に進めたかった」と感じる自分の会話体験を事例にして、参加者同士で対話のシミュレーションを行います。

本コースは、米国ダイアローグワークス社が開発したパフォーマンス向上のためのプログラムです。このプログラムはフォーチュン500の多数の企業で導入され、全世界で実施されています。
近年、多くの学術的な研究によって、対話力とパフォーマンスの相関関係が解き明かされてきました。今や対話力はお互いが心地よく過ごすための単なるマナーを超えて、結果やパフォーマンスに直結した成功のための基礎的なスキルであると認識されています。
本コースは、長年の及ぶ現場での経験と最新の科学的理論を、誰にでも使える解りやすいスキルにしてまとめてあります。優れた業績を出す人々に共通して見られる行動や思考のパターンと、優れたパフォーマンスを示すチームや組織の成功のパターンを探し続けて得られた答えが凝縮されています。
2日間でこのグローバルスキルを修得し、それによって困難な条件下での協働やパフォーマンスの最適化を可能にする人材に成長してください。
[米国の導入企業]

ハネウェル
AT&T
フォード・モーターズ
ジェネラル・モーターズ
GEメディカル・システムズ
JP・モルガン
デロイト
ロッキード・マーティン
アッヴィ
ノベル
コカ・コーラ
ターナー・ブロードキャスティング
ネブラスカ・メディカル・センター
ウィスコンシン電気
リッツ・カールトン・ホテルズ
パン・パシフィック・ホテルズ
オクラホマ・ガス電力
シェブロン
テキサコオイル
ベツレヘム・スチール
米国退役軍人省
ジョージア州政府
他多数

留意事項・備考

本コースは株式会社スマートワークスとの提携コースであり、コース実施のためのお客様の個人情報を提携会社に提供させていただきます。

ご受講に先立って、簡単な事前準備が必要になります。
事前準備の案内は、研修開始の3-4日前に送付される受講案内とともに送付されます。
(所要時間は5分程度です。)

■申し込みが少ない場合、中止となることがありますのでご了承下さい。


・株式会社スマートワークスの「training@smartworks.co.jp (スマートワークス トレーニング事務局)」から
件名:「 ●月●日開始 ダイアローグワークス 公開コース」 というご案内(開講通知案内)が、コース開始日の3~4営業日前までに送付されます。
・【本コースはオンライン対応です】

開催スケジュール詳細・お申込

「カートに追加」欄の追加をクリックすると、web申込が可能です。
申込期限およびキャンセル期限は、各締切日の16:30です。

◎・・・6名様以上、空いております。
○・・・1~5名様の空きがございます。
△・・・キャンセル待ちとなります。(ただし、備考欄に注記がある場合はキャンセル待ちではありませんので、注記をご参照ください)
空席状況は定期的に更新しています。◎○でも、既に満席の場合はご了承下さい。詳細な空席状況は研修申込センターにお問い合せください。

地区 開催番号 会場名 開始日~
終了日
日数 講習時間 申込締切日 空席
状況
備考 カートに
追加
キャンセル締切日
遠隔ライブ HSB32702A 遠隔ライブ研修 2024/01/23~
2024/01/24
2日間 13:30~
17:00
2024/01/05
2024/01/05
HSB32703A 遠隔ライブ研修 2024/03/07~
2024/03/08
2日間 13:30~
17:00
2024/02/20 ※※注
2024/02/20