ピンボール 危険な刑事

コースコード:IN983

Developing Applications with Google Cloud Platform(3日間)

コース情報

受講料
330,000円 300,000円
講習日数
3日間

コース概要

Google Cloud エコシステムのコンポーネントをシームレスに統合するアプリケーションを設計、開発し、デプロイする方法を学習します。講義、デモ、ハンズオンラボを通して、GCP サービスと事前トレーニングされた機械学習 API の使用方法を学習し、セキュアでスケーラブル、さらにインテリジェントなクラウド ネイティブ アプリケーションを構築します。

開催形式
集合研修
研修サービス
テキスト マシン実習

前提知識

以下のすべての条件を満たしている方
  • 「Google Cloud Platform Fundamentals: Core Infrastructure」コースを修了、または同等知識をお持ちの方。

  • Node.js の実用的な知識をお持ちの方。
  • コマンドラインツールと Linux オペレーティング システム環境についての基本的なスキルをお持ちの方。

到達目標

  • アプリケーション開発のベスト プラクティスを使用する。
  • アプリケーション データに適切なデータ ストレージ オプションを選択する。
  • フェデレーション ID 管理を実装する。
  • 疎結合のアプリケーション コンポーネントまたはマイクロサービスを開発する。
  • アプリケーション コンポーネントとデータソースを統合する。
  • アプリケーションをデバッグ、トレース、モニタリングする。
  • コンテナとデプロイ サービスで繰り返し可能なデプロイを実行する。
  • 適切なアプリケーション実行環境を選択する。Google Kubernetes Engine をランタイム環境として使用し、その後 Google App Engine フレキシブル環境で NoOps ソリューションに切り替える。

対象者

SE、開発者

研修コースマップ

クラウドコンピューティング

コース内容

1日目
AM
1.アプリケーション開発のベスト プラクティス
 アプリケーション開発のベスト プラクティス
2.Google Cloud Client ライブラリ、Google Cloud SDK、Google Firebase SDK
 Google Cloud Client ライブラリ、Google Cloud SDK、Google Firebase SDK
PM
3.データ ストレージ オプションの概要
 データ ストレージ オプションの概要
4.Google Cloud Datastore を使用するためのベスト プラクティス
 Google Cloud Datastore を使用するためのベスト プラクティス
5.バケットとオブジェクトのオペレーションを実行する
 バケットとオブジェクトのオペレーションを実行する
2日目
AM
6.Google Cloud Storage を使用するためのベスト プラクティス
 Google Cloud Storage を使用するためのベスト プラクティス
7.アプリケーションを保護する
 アプリケーションを保護する
PM
8.Google Cloud Pub/Sub を使用してアプリケーションのコンポーネントを統合する
 Google Cloud Pub/Sub を使用してアプリケーションのコンポーネントを統合する
9.アプリケーションにインテリジェンスを追加する
 アプリケーションにインテリジェンスを追加する
10.イベント駆動型処理に Google Cloud 関数を使用する
 イベント駆動型処理に Google Cloud 関数を使用する
3日目
AM
11.Google Cloud Endpoints で API を管理する
 Google Cloud Endpoints で API を管理する
12.Google Stackdriver を使用してアプリケーションをデバッグする
 Google Stackdriver を使用してアプリケーションをデバッグする
PM
13.Google Cloud Container Builder、Google Cloud Container Registry、Google Cloud Deployment Manager を使用して
 Google Cloud Container Builder、Google Cloud Container Registry、Google Cloud Deployment Manager を使用してアプリケーションをデプロイする
14.アプリケーションの実行環境
 アプリケーションの実行環境
15.パフォーマンスをモニタリングし調整する
 パフォーマンスをモニタリングし調整する

留意事項・備考

・本コースはクラウドエース株式会社との提携コースであり、コース実施のためのお客様の個人情報を提携会社に提供させていただきます。

<本コース受講にあたっては、事前の準備が必須となります。>
必ず、事前準備情報をご確認、研修開始前までにご準備の上ご受講ください。

開催スケジュール詳細・お申込

今期の開催スケジュールはすべて終了しました。