ピンボール 危険な刑事

コースコード:SN471

1day インターネットセキュリティ技術 -ネットワークセキュリティ編-(1日間)

コース情報

受講料
44,000円 40,000円
講習日数
1日間

コース概要

組織において必要となるセキュリティ対策技術のうちネットワークセキュリティ(ファイアウォール、IDS、IPSなど)について、その用語や仕組み、また必要性について学習します。

開催形式
集合研修
研修サービス
テキスト

前提知識

以下のコースを修了、または同等知識をお持ちの方。

  • 「1day インターネットセキュリティ技術 -基礎編-」

到達目標

  • ファイアウォール、IDS/IPS、マルウェア対策などの特徴、機能などを理解することで、セキュアネットワーク環境の検討・提案することができる。

講師からのメッセージ

本コースは、「インターネットセキュリティ技術(実習編)」(3日間)のうちネットワークセキュリティに関わる部分を抜粋した1日コースです。
3日間の研修時間を確保出来ないというご要望にお応えするために、1日間で必要な部分のみを学べるよう設定いたしました。
ネットワークエンジニアの方におすすめです。

「インターネットセキュリティ技術(実習編)」を以下の4つに分割しています。
・「1day インターネットセキュリティ技術 -基礎編-」
・「1day インターネットセキュリティ技術 -ネットワークセキュリティ編-」  (本コース)
・「1day インターネットセキュリティ技術 -暗号技術編-」
・「0.5day インターネットセキュリティ技術 -アプリケーションセキュリティ編-」

また、本コースはマシン実習無しの座学コースですが、グループワークがあります。グループワークではある架空の組織の組織を仮定し、与えられた構成図と要件からファイアウォールのポリシーを考察する内容となっています。
セキュリティを意識したネットワーク構成を設計する際に役立ちます。

コース内容

1日目
AM
1.セキュリティ対策
・ファイアウォール
 ファイアウォールとは
 アクセス制御
 ファイアウォールと各種サーバの配置
 ファイアウォールのアクセス制御の仕組み
 ・机上演習 ファイアウォールのポリシー設計
 UTM
 次世代ファイアウォール
・IDS/IPS
 IDSとは
 IDSの種類
 攻撃検知の仕組み
 IPSとは
・脆弱性対策
 脆弱性対策概要
 脆弱性スキャン
・DoS攻撃への対策
・マルウェア対策
 マルウェア対策ソフト
 マルウェア検出方法
 検疫ネットワーク
 レピュテーション
・ログ管理/監視
 ログ
 ログの管理
 ログの監視
・多層防御
 多層防御とは
・セキュリティ分野でのAI活用(参考)
PM
2.TCP/IP の問題点
・TCP/IPの問題点
 3Way-Handshake
 IP Spoofing Attack
 TCP SYN Flood Atttack
 TCPコネクションの切断
 IPソースルーティングを悪用した攻撃
 IPフラグメントを悪用した攻撃
 ARPの問題点と対策

留意事項・備考

●講義内容は以下のコースの一部抜粋となります。
 ・インターネットセキュリティ技術
 ・インターネットセキュリティ技術(実習編)

■会場名が「遠隔ライブ研修」となっているコースについて■
<■遠隔ライブ研修受講にあたっては、事前の準備が必須となります。>
お申込みの前に、事前準備をご確認ください。また、ご受講の際は、必ず研修開始前までにご準備ください。

◎事前準備
◆遠隔ツール :Zoom
Zoomに関する準備手順は、Zoom受講マニュアルよりご確認ください。

◆教材 :電子教材
研修開始7日前以降に送付いたします。以下の件名のメールよりダウンロードしてください。
件名:「[開催番号]NECマネジメントパートナー 研修サービス教材/補助資料ダウンロードURL通知」

◆資料配布:OneDrive
本コースは研修内で使用する資料の共有や配布のため、OneDriveへアクセスする必要があります。
研修受講前にへのアクセスが可能かご確認ください。

◆追加モニター(※オプション)
研修中は、講義解説のZoom画面、電子テキストなど複数画面を切り替えながら作業します。そのため、追加モニターをご用意いただくことをお勧めしております。

開催スケジュール詳細・お申込

開催スケジュールは、日程が決まり次第掲載致します。